日原暢子 Yoko Hihara

箏・三絃・十七絃・二十五絃箏奏者



日原暢子(花維) 
2006年、東京藝術大学邦楽科箏曲生田流専攻卒業。

卒業に際し、アカンサス音楽賞と同声会賞を受賞し、同声会新人演奏会に出演。

宮内庁主催皇居桃華楽堂での御前演奏会に出演。

2008年、桐朋学園芸術短期大学専攻科日本音楽専修箏専攻修了。翌年、同短大研究生修了。
    
2009年〜2012年3月、東京藝術大学邦楽科教育研究助手を務める。
    
2012年度文化庁新進芸術家育成事業研修生。

2013年 岐阜市真鍋記念館クララザールにて「箏・二十五絃箏リサイタル〜いにしへから未来へ続く音を求めて〜」を開催。

2014年 中国北京中央音楽院において日中韓の交流演奏会にてオープニング演奏(東京藝大共催)。

2015年 東京藝術大学音楽研究科修士課程修了。名古屋市 5/R音楽ホールにて「箏・二十五絃リサイタルー今に生きる音を紡ぐー」を開催。

現在、古典曲から新曲初演など現代作品まで幅広く研究・活動中。洋楽とのコラボレーション、各地でのアウトリーチ、教授活動なども行う。

芙蓉会、同声会、森の会、日本三曲協会会員。

和楽団「煌」、アンサンブル室町、4plusに所属。和楽器集団鳳雛に参加。

これまでに三浦維甫、岩田柔柯、野坂操壽、深海さとみ、大久保智子各氏に師事。





【受賞歴】  
   
2006年 第3回東京邦楽コンクール「十七絃独奏」にて奨励賞。
   
2009年 第16回賢順記念全国箏曲コンクール「二十五絃箏独奏」にて奨励賞。
   
2011年 愛知芸術文化協会ANET新人賞受賞
  第18回賢順記念全国箏曲コンクール「箏独奏」にて銀賞及び福岡県知事賞(第2位)。
   
2013年 岐阜市芸術文化奨励賞受賞。